開業医が日曜日と平日に1日休みを入れる理由

街の診療所では、土日休みではなく日曜日と平日1日休みを入れている所が多いことに気づくでしょう。面白いことに、地域全体でなぜか同じ曜日に休みとする傾向があり、何かあると感じている人も少なくありません。実際には、出身大学で研究活動が開業後10年程度行われていることが多いですが、実際には医師として他の病院でバイトしている人もいます。細心の医療機器を操作してみて自分の診療所に導入するか試しているわけです。医療機器や医療技術を外部の病院で常に把握することも、医師としては重要なことでしょう。

勤務医は週5か4日勤務

勤務医の出勤日数は、常勤医で週に5日または4日が一般的です。残りの日をどう過ごしているかは、病院側でも把握をしていないことが多く、医師としてバイトを行っている人も少なくありません。医師の勤務体制は、週6日を基本とすることが昔から多く、1日の勤務時間を7時間程度に設定しています。系列の病院だけでなく、無関係の病院で医師バイトをすることで、次に転職する際の就職先を確保している人もいます。実際には、常勤医よりも非常勤で入るバイト医師の方が給料が高いので、休日にバイトをして更にお金を稼ぐ人も多いわけです。

目的を持った医師のバイトなら歓迎される

非常勤医としてバイトをする際に、明確な目的があって医師バイトを行うならば大いに歓迎されることです。開業医を目指して診療科目を増やすために経験を積んでいる医師も少なくありません。常勤医よりも報酬が高い非常勤医として働くことで、早く開業資金を貯めることも大切でしょう。しかし、全く目的意識も無く何となく周囲がやっているからという理由でバイトをしている医師は、勤務態度にもやる気の無さが出てしまうので、好ましいことではありません。医師の仕事は個人営業な側面が強いので、明確な目的意識を持ち続けることが大変と考えられています。

医師のバイトとは一定の医療機関に勤務するのではなく、時給、日給で働くことです。わずらわしさが無く、最近増えつつあります。