まずは頭の整理をすることからスタート

医局を辞めるとなると組織内で時には大幅な調整をすることになるので気が小さい人は転職することを躊躇しがちです。しかし、転職するという決意をしたなら粘り強く上司に交渉することが重要です。上司によっては在籍したままで海外留学を勧めてきたりと何かと留任するように求めることがありますが、自分のキャリアパスをどのようにしたいのかを最優先にするとよいでしょう。勤務先を変更することでよりよいキャリアパスが描けるなら穏便に辞められるだけの理由を告げるべきですね。

信頼できる紹介会社を探しましょう

医師の転職をサポートする会社があるので、その会社に履歴書を登録しましょう。そうすることでその会社が運営してる転職情報が掲載されているポータルサイトを利用できるようになるんですよ。そのウェブサイトを活用することに加えて転職支援会社の社員に希望を出すことでかなり多くの求人票を持って来てもらえるはずですよ。医師になってすぐ辞めてしまっては次の転職先を探すのは少し難しいかもしれないですが、数年以上の経験があれば大丈夫でしょう。

面接の対策はしておきましょう

サラリーマンの転職と同様に医師の場合も面接の準備は時間をかけて行うとよいでしょう。面接に呼ばれるということは何かしらの可能性を面接官は感じているはずですから、そこで自分の実績などをわかりやすく言うと良いですよ。採用されることになったら条件の交渉をすることになりますが、そこは人材紹介会社のスタッフが交渉にあたることが多いのであまり転職希望者は気にしすぎないで良いでしょう。穏便に退局できるように最後の日まで過ごすのが良いですね。

医師の転職は専門のコンサルティングが提案してくれるのでサポート体制がしっかりとしています。求人情報も豊富なの仕事が必ず見つかります。