外資系の会社へ転職しましょう

今、日本は不況でなかなか景気が良い話が聞こえません。かつては、世界で天下をとっていた家電メーカーも今やアジアの近隣諸国に押されているのが現状です。そこで、英語が堪能な方なら、それを武器にして外資系の会社に転職するということも良いと思います。外資系の企業は、日本の企業と違い、自分の力が全てでそれが給与に反映されます。ですから、自分の力を思い存分に発揮したいと思えば、やりがいがあるはずです。今の会社にそのまま定年までいるよりも自分を生かすチャンスが生まれます。

外資系企業に転職して国際感覚を身につけましょう

外資系企業は、日本の中にいてもその中は、外国です。考え方が他の国のようになっています。ですから、会議なども英語で行われることも多いです。もちろん、そのようなスキルを身に付けている方ですから、外資系企業へん転職をお勧めするのです。そして、日本で実力を認められれば今度は転勤で外国に配属される可能性もあります。これは、国際感覚を身につけるチャンスですし、日本国内にいるだけではわからないことも身に付けることができるチャンスです。

外資系企業とは言っても日本にあれば日本風も

外資系企業と言っても日本にあったら、やはり日本のしきたりも重んじなければなりません。欧米ではアフター5の付き合いはありませんが、日本の企業は、アフター5の付き合いも重んじられます。郷に入れば郷に従え、という言葉があるように、その企業によってはやはり日本風にアレンジして経営を進めているところも多いです。とりあえず、外資系企業に入ってから、その企業に慣れるためにも他の社員と同じように協調性を持った行動をした方が無難でしょう。

英語の転職は国内なら外資系の会社を探す、通訳や翻訳などがあり、海外なら外国の日本支社で働く、または旅行社の添乗員として各国を回るなどの選択肢がありますが、いずれも英語力を高めておくことが重要です。